日本語

screen-shot-2016-12-24-at-10-47-44

プロフィール(狩野 剛(かのう つよし))

 

私は現在、アメリカのミシガン大学 情報学大学院の博士課程に在籍し、研究助手・講師助手として働きながらPhD取得を目指しています(PhD Candidate, School of Information, University of Michigan)。研究分野としては「ITが途上国の経済発展にどのように貢献しうるか」というもので、ICT4D (ICT for Development)、Digital Development、ICTD (ICT and Development)などと呼ばれている分野です。Michigan ICTD研究グループにも所属しています。また、バングラデシュITプロジェクトのご縁で宮崎大学の客員教授も務めています。

現在に至るまでは、新卒で4年間のITエンジニアとしての勤務経験、それから11年間のJICA職員として経済開発プロジェクトの経験、特にそのうち3年間のバングラデシュでの駐在経験を通じて、経済開発におけるITの可能性について研究したいという思いに至りました。

現在は、「ルワンダのIT・イノベーション」「バングラデシュにおけるIT人材育成」を軸に、データサイエンス(Pythonを使ったデータ分析)や統計・計量経済学などの量的分析からインタビューを中心とする質的分析を行なっています。理論としては心理学(モチベーション関連理論)、社会学及び開発学・開発経済学を主に使い、幅広い視点から開発課題の解決に微力ながら貢献してきたいと考えています。

「ITと途上国」を専門にする一般社団法人「ICT for Development.JP(ICT4D.JP)」も2019年に立ち上げ、「ITと途上国」に関する日本語情報サイト・ブログ(ハンドルネーム:Kanot)も運営していますので、ご興味ある方は覗いてみていただけると嬉しいです。また、寄稿・講演・進路相談等もお気軽にご連絡ください。

「ITと途上国」はニッチな分野なこともあり、常に仲間を募集中ですので、ご興味ある方はぜひお気軽にご連絡ください。

また、これまでの歩みを米国大学院学生会のニュースレターに寄稿させていただき、この分野を志した経緯などを振り返るよい機会になりました。
Title: 連載: 発展途上国への支援。農業?保健?いや、ITでしょ!
前編:米国大学院学生会ニュースレター2016年4月(第二十八)号
(ITとの出会い、途上国との出会い、途上国支援とバングラデシュ駐在、など)
後編:米国大学院学生会ニュースレター2016年7月(第二十九)号
途上国とITという研究分野、情報学大学院、など)

略歴
2017-現在    アメリカ ミシガン大学 情報学大学院 助手兼博士過程在籍(PhD Candidate)
2018-現在    宮崎大学 客員教授
2019-現在 一般社団法人 ICT for Development 代表理事
2019夏 株式会社ジーケア(医療スタートアップ) Webエンジニア
2017-2019     JICA (国際協力機構)本部(情報システム室)
2017夏     ルワンダ共和国ICT商工会議所(研究インターン)
2015-2017    米国 ミシガン大学 情報学大学院 博士過程在籍(PhD Student)
2012-2015    JICAバングラデシュ事務所駐在員
2008-2012   JICA本部(経済基盤開発部、協力隊事務局)
2004-2008  野村総合研究所にて証券系ITエンジニア
2002-2004  横浜国立大学修士課程(環境情報学府)
1998-2002   横浜国立大学学士過程(工学部(電子情報工学科))